FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
騙す犬①
B 「俺はこのまま隠居でいいっすよ」

後輩のBは言った。

Я 「へぇ」

 どうやらサークルでのことを言っているようだ。私も彼も第一線から退いており、時には後輩の手際の悪さにヤキモキしていた。しかし、偉大なる先輩達の中にはそれを指導したがる連中もいる。そういった馬鹿者達の脅威に晒されたからか、彼は後輩の邪魔をしないように静かに部活の余生を送る、そう言っているのだ。正直Bに関しては後輩に口を出したがるのではないかと思っていた。しかし、本人がそう言ったのだ。私は彼も大人になったな、と感じたが、俄かには信じられない。ちょっと試してみた。

Я 「じゃー来年の合同演奏会とかどーすんの?」

 私のサークルは地震の演奏会とは別に他の団体と合同で行う演奏会がある。それには我がサークルを引退した者が、その合同演奏会の舵を取るという慣習があった。

B 「いや、俺はもう日の当たらない所で部活をしていきたいんすよ」

 なんと達観した台詞であろうか。いや、達観した振りをしているというべきか。後輩に口を出さないというのはわかるが、自分が運営できるイベントにも関わらないというのは格好つけ過ぎであろう。さらに挑発コメントしてみた。

Я 「へー、俺はBは絶対口出すと思ってたんだけどなー。てか出すでしょ?オメーは」

 Bは私の挑発コメントにムッとしたようだった。

B 「いや、別になんにもしないっすよ。もーいいっすよ」

 あ、ふてた。なぜにふてる?私にそういう目で見られたことが不満か?まぁいいやとりあえずフォローしてみよう。

Я 「へー、代表とかしないんだ?」

B 「しないっす。もーいいっすよ」

Я 「そっかー。もったいないなー。実はねウチの代の中じゃ、けっこー期待してたんだよね。いやね、毎年さ、代表の器っつーの?ある奴のいる年といない年があってさー。去年はHがやったけど、その前とかはなんかモメたらしんだよ。で、今年はBがいるから安心?みたいな。俺らはそういう感じで見てたんだけどなー」

 100パーほぼ嘘である。とっさにこんな嘘がつけるなんて・・・母さん、世知辛い世に揉まれ、息子は騙される方から騙す方へ足を踏み出そうとしています・・・

B 「まじっすか。へー先輩達はそんな感じだったんだ・・・」

 嬉しそうなB。単純なかわいい奴だ。代表の器という単語に魅せられたか。しかし、次にBが発した言葉は俺の予想を遥かに上回っていた。

B 「実は、もうT(指揮者、Bとタメ)には話してあるんすよ。俺が代表するから、お前は指揮しろって」


もうやる気満々じゃねーか。


 勢いで代表やるって位は言うと思っていたが、まさかすでに行動を起こしていたとは・・・てかそのつもりなら達観したような台詞を吐くな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 逃犬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。