FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
払う犬
3月12日・・・

 あ、600円しかない。この店でラーメンに梅干をつけるには700円必要だ。いつもは600円のラーメンだが今日は特別な日だ。3月12日・・・でかい演奏会が終わった日である。いつも通りのラーメンじゃー豪華さに欠ける。私は財布から千円札を出して食券の自販機に入れた。おつりの300円を持って席につく。infoberを見る。18:53だ。それをポケットには仕舞わずに机の上に置く。時刻を確認するためだ。

(ま、7時ぴったりには始まんねーだろーけどね)

infoberはの表示は18:59に変わっていた。すると、目の前にラーメン梅干入りが出される。まだ59分もうちょっと・・・。箸を割り、レンゲをスープに浸して静かに待つ。一瞬従業員と目が合ったような気がするが気にしない。・・・もうちょ・・あ、19:00だ。私は箸を持ったまま手を合わせる。

(いただきます)

・・・
・・


(さーて、どうしよっかな)

 みんなにはレポートを書くって言ってある。いや、実際にレポートはあるのだが、どーもそんな気分雰囲気じゃないが、とりあえず自宅へ帰ってきてみた。リビングを素通りして自分の部屋へ。鍵、財布、携帯をポケットから取り出してベットの上に順に投げ、36インチWEGAの電源を入れる。

(いつもとぜんぜん変わんねーな)

 いくら大イベントの後でも普段の生活習慣は変わらないらしい。とりあえず棚によりかかるようにしてコタツに入った。目の前には伊右衛門、生茶、烏龍茶の空のペットボトルが散乱している。実は相方に合わせて買っているお茶類だ。さすがにファンタグレープとか言えない

 私はペットボトルを適当に片付けて出来たスペースにPCを置いて電源を入れた。デスクトップには大量のショートカットがある。全て演奏会関係のものだ。これらはもう使うことはないだろうと思い、全てまとめてHDDの奥へしまった。時間は19:51。

(しょうがないやるか・・・)

 今日添削してもらったばかりのレポートの直しに取り掛かる。幸い大幅に訂正するところもなく、サクサクっとキリがついた。時間はまだ20:40だ。この時間ならば1次会が終わるか終わらないかってとこだろう。まだ早い。なぜか私は打ち上げに参加するのを躊躇っていた。色んな事情があるが、なんとなく打ち上げの場にいたくない・・・というより、そういう関わり方もアリなんじゃないかと思っていた。自分でもよくわからん。というわけで私はパワプロをもちろんレポートの続きを始めた。

 23:02になった時、私はそろそろ3次会くらいだろうと思って、ウインド代表に電話をかけた。とりあえず今パワプロがレポートが終わったという事にしておこう。

Я 「おつかれーっす」
H 「おー、おつかれー。終わった?今、こっちは3次会場へ移動してるとこだよ」
Я 「そっか。じゃあ今から行くわ」
H 「おぅ。待ってるぜぃ」

多少良心が痛んだが、勘良く3次会開始の時間に合わせることが出来た。

(さてと・・・)

私は会場に向かった。

・・・
・・


会場到着。部屋の入り口には後輩のYとBがいて人数確認をしていた。

Я 「よぉ、お疲れ」
Y 「あ、Яさん2000円です
Я 「(ちっ、お疲れもなしかよ) はいよ。」
Y 「どもー」

 さすがに3次会ともなるとテンションが低い奴と高い奴に分かれてくる。Yは高い方のようだった。私は席に着きメニューを見ながら隣の奴と熱い会話をしていた。そのとき・・・

Y 「誰か会費払ってない人はいませんか~」

どうやら、一人分の会費が足りないらしい。

Y 「Яさんて払いましたっけ?
Я 「(おいおい・・・) 払ったよ。なあ?」
B 「ええ。Яさんは払ってたよ」
Y 「あれ~?そっか・・・」

 どうやら、本当に忘れているらしい。私は支払済みということを主張した。しかし、いくら時間が過ぎても未納者は出ず、料理は運ばれてこない。

Y 「あれ?Яさんてホントに払いました?
Я 「!!・・・・・・払ッテナカッタカモシンナイ」
Y 「はは、でしょー

なにが「でしょー」か。

この酔いどれ幹事め。私は血を吐く思いで肯定した。これ以上は待ってられん。

B 「あれ?やっぱりそっかー」

おまえもか。

 私は泣く泣くもう2000円を払った。料理はごく普通のものだったが、私は2倍金を払っているため、皆の2倍の飲み食いを試みた。しかし、19時きっかりに摂取したラーメン梅干入りのため、それも叶わずスクリュードライバー1杯という洒落にならない結果に終わった・・・まさか一人打ち上げの弊害がこんな形で現れるとは・・・

 演奏会がどうこうよりも3月12日の出来事はそれに尽きる。私は声を大にして言いたい。


酔っ払いは幹事をしては駄目。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 逃犬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。