FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貫く犬
 以前、ブランディングをした時からボディアートに興味を持ち始めた。このボディアートというのはわかる人にはわかるがわからないひとには全くわからないという芸術(?)である。私もそれまではわからない側の人間だった。しかし、ブランディングによって私の考え方は変わり、それ系のサイトをウロウロするようになった。そしてボディピアスを知る。知った時は別に自分でしようとは思わなかったが、インパクトが相当あったことを憶えている。
 ある時あるサイトでボディピアスの体験談を読んだ。それは舌にピアスをした女性のもので、驚くほど痛くなかったというものだ。調べてみるとそういった体験談は多いことがわかった。どうやら舌の中心付近は痛点がないらしい。私はその時これだ!と思って、ピアスのHow toを勉強し始めた訳である。(勉強と言ってもサイトをウロウロするだけ)
 そこから必要な器具類を揃えるのにあまり時間はかからなかった。揃えた物はピアス、ニードル、リステリン、タオル、鏡等である。やり方は簡単だ。ニードル(すげー鋭い針、φ1.6mm)で舌に穴をあけてピアスを入れるだけという単純な作業なので後は本人のやる気しだい。
 10月の某日決行の日が来た。まずはうがいだ。リステリンの原液を口に含み1分待つ。これが結構強烈・・・。で、鏡の前で舌をべーと出してみる。以外にも下には伸びるのに前には伸びないものだ。マジックでマーキングを試みるが、所詮はその辺に売っている油性マジックである。全然マーキング出来ずに変な味がしただけで終わる。まぁいいかと思って、いざニードルを手にする。

(怖ぇ・・・)

 少してが震える。痛くない(たぶん)とわかっていても自分で自分の舌を針で貫くのは相当な恐怖だ。小一時間部屋をウロウロしてしまった(やはりビビッてる)。
 そして覚悟を決めた。ほとんど勘で舌の中心にニードルを当てる。そこで止まると恐怖が増すだけなので、間髪入れずにニードルを押し込む。

ブヅッ

 と、音はしていないだろうが、自分の手が感じた感触はこんなカンジだった。舌というものは、思ったより外皮(?)が硬く、弾力があり、ニードルを突き刺す瞬間と突き通す瞬間の2回、ニードルが薄皮を「ぷつっ」突き破る生々しい感触がしっかりと手に残った・・・。
 なんとかニードルを通したものの、ここからが大変だ。舌を出したまま、ピアスを入れなければならないが、その作業が思ったより難しい。しばらく四苦八苦している内に、なんとニードルが抜けてしまった。慌ててピアスを押し込んでみるが、後の祭りである。なんと、ものの数秒で穴は塞がってしまった。ホントかよと思うかもしれないがホントである。ニードルはそれだけ鋭い。とにかく必死の覚悟で空けた舌の穴が消えた訳である。もーその時は怒りだか悲しみだかわからないがテンション上がりまくりだった。悩む前にいってしまえと言う感じで、同じニードルを使って適当に一気に舌を貫いた。(注:ニードルは使い捨て品です。)そこでまたもやハプニング発生。口の中で妙な味が・・・

(うゎ・・・だ・・・)

だくだく。。。(←結構な量)

(なぜだ・・・1回目は出なかったのに・・・)

 しかし、ここで諦める訳にはいかない。口の中と机の上と手を血だらけにしながら、本日2回目のピアスとの格闘である。この際、出血は気にせず、結構慎重にピアスを舌に押し込んでいった。

・・・
・・


 そして、ついにピアスを通すことに成功。私は血だらけでガッツポーズをした。実際、血は出たものの、もともと痛くない箇所だったのか、ある種の興奮状態だったのか痛みはほとんどなかったと思う。
 ピアスを入れてしばらくすると舌が腫れてきた。痛くはないのだが、妙な違和感がある。うまく舌を動かすことが出来ないので、呂律が回らないし、食物もうまく食べられない。3日くらいは固形物はほとんど食べることが出来なかった。しかし、5日目くらいから腫れは引き始め、1週間ほどで違和感がなくなり、多少は活舌が悪くなったものの、不自由はたまにピアスを噛むことくらいである。
 その後は日常生活においては全く支障がないと言ってもいい。絶対に吹けなくなると思っていた楽器もなんと吹けてしまった。舌にピアスをしている管楽器奏者などそうはいないだろう。最初の頃は会う人会う人に見せていたが、ほとんどの人のリアクションと、さらには次の質問まで一緒なのでメンドーなって人に見せるのをやめた。
 私はこのピアスをして本当に良かったと思っている。愛着も沸くし、満足感もあるからだ。こういう気持ちを持ち続けることが出来るならば、別の場所にピアスを増やしていくのもいいかもしれない・・・。
 しかし、何年か後に私はこのピアスをはずすことになる。その話も長くなるのでまた機会があれば・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 逃犬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。