FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不本意な犬
 いやいや、8月31日に演奏会があった訳であるが、有意義に終了した。前日に楽譜が十数曲配られたり、それでも私が一晩中練習したsoloが当日の朝、あまりのヤバさにリストラされたりと、波乱の予感というか明らかな前振りは多分にあったが、なんとか無事に企画を通すことが出来た次第である。


 ここに内容などを書いてもイマイチ面白さに欠けるので、割愛するが、何を書くかと言えば、その後の話である。つまり打ち上げだ。この打ち上げで、どれだけ濃い経験をしたかで人間の大きさが決まると言っても過言ではない。皆さんの周りの兵と呼ばれている人達(例えどんな意味を含んでいるとしても)には、飲み会等での伝説が数多くあるはずだ。私も過去の打ち上げでの濃い経験は多少あるが、女子トイレに立て篭もったり、線路の上で寝て電車を止めたり、救急車を呼んで数十人の野次馬を作ったり(事件な犬参照)したことは無い訳で、偉大な先人達には及ばない。そして、我が部が最も打ち上がるのが、今日この日・・・演奏会に打ち上げである。私は胸騒ぎを感じていた。

・・・
・・


 しかし、予想に反して、打ち上げは普通の雰囲気のまま始まった。良い感じに酒と花束が乱れ飛び、波乱はあまり無かったように思えた。打ち上げ中盤、

Y 「はい。それでは、卒業生に皆さんに花束を・・・」

 幹事のYが花束を促している。不肖ながら私はそれを受け取った。隣には同様に卒業生が立って花束を受け取っている。

Я (やっぱ込み上げるものがあるな・・・)

 先刻イッキしたビールかも・・・すると、

Y 「では、卒業生の皆さんから一言ずつ挨拶を貰いたいと思い・・・」

 Yが我々に感動にスピーチを振ろうとしたその時、

その他大勢 「Hさん、Яさんどうぞ!!」

 おぉ!他の連中から別の花束が。私は泣くまいと思っていたが、後輩の気使いに心打たれていた。そして、Yが再び口を開いた。

Y 「えー、では次に演奏会に実行委員に花束を・・・

 ん??

Y 「お疲れ様でした。皆さんなにか一言」

実行委員1 「皆さんのおかげで頑張れました!ありがとうございました!!」

実行委員2 「私・・・私・・・」

 実行委員1・2は張り切って挨拶をしているが、あれ?卒業生の挨拶は・・・

Y 「はい。ありがとうございました。では次に指揮者の皆さんに・・・」

 そうこうしているうちに話は進んでいった。我々卒業生の挨拶を飛ばして・・・。私は卒業生として後輩達に残すべき言葉を考えていたが、それも水の泡である。畜生。

 こうして、私の大学生としての最後の演奏会打ち上げはエンディングがバッサリとカットされるという意外(?)な形で幕を閉じた。世の中分からないものである・・・その考えていたエンディングは考えていたと他の連中に思われるのが嫌なのでここでも伏せておこう。

・・・
・・


 あ、それと、ちょっと今回の演奏会について・・・正直なところ、演奏会自体の成否は客が判断するのかもしれないが、それは結果であるわけで、過程を見てきた私としては、演奏会に関わった連中に賛辞を送って上げたくなるのである。たとえ客に、指揮者がキョドっているとか、アンサンブルの練習が足りないとか、フルートはヒサンだったと言われよーが、それはそれで、事実かもしれないが、別の見方をしても罰は当たるまいと思う。お疲れでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 逃犬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。