FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
揺れる犬③
久々に揺れる犬の続きです。読んでない方はどうぞ。
揺れる犬①・揺れる犬②
___________

揺れる犬③

 私と相方Yは危険を顧みず、ついに長岡の我が家へと帰ってきた。その町はまさに闇だった。しかし、一切の光が無い訳ではなく、無数に動き回る光があった。車のライトだ。皆家に帰るのか、それともどこかへ行くのだろうか?信号が消えているので皆運転が慎重になっている。交差点では渋滞になったいるのがわかった。私達の車は、多少その渋滞に捉まりながらも家を目指す。家というのは彼女のアパートだ。私のアパートは今いる場所から多少距離があり、とりあえず近い方の家から寄ろうということで落ち着いた。

・・・
・・


 彼女の家は住宅街である。この町ではほぼ唯一の光源となった車も付近にはあまりいないらしい。暗闇の中で私達はその家のドアを開けた。

2人 「うわぁ・・・」

 電灯代わりの携帯のバックライトに照らされて、浮かび上がった光景に、私達はただ呟いた。しかし、彼女の家は越してきたばかりというのが幸いしてか、食器が多少散乱している程度ですんだようであった。しかし、街が停電なのだ。もちろん家の電気も点く筈が無い。さらには水道・ガスもダメだ。その後、定着する言葉だが、ライフラインという奴が全滅だ。とりあえず、すぐに食べられそうな物や服などを持って車に戻る。すると・・・

ガタガタ・・・

 ちょうどドアを出た時だった。かなりの揺れを感じた。

Я (おいおい・・・)

 実際はただの余震だったのだろうが、正直今までの人生の中で最も大きい地震だと感じた。彼女も取り乱しはしないが、不安な表情を浮かべている。実際に揺れていたのは数秒だったのだろうが異常に長く感じた。そして車の中ではわからない音がある。壁の軋む音、窓ガラスが揺れる音、食器がぶつかり合う音・・・そういった聞きなれない音達が不安をさらに掻き立てる。

Я 「さて、どうする?」

Y 「う~ん・・・」

 彼女も困惑しているようだ。とりあえず、今度は私の家に向かおうという事になった。

・・・
・・


 どうやら、停電でない地域もあるようだ。私達はさして広くもないが、店などが立ち並びどこか誇らしげに光を放つ通りを進んで行く。普段は全く気に留めないが、今日ばかりは街に明かりがあるということに感動する。ふと気付くと二人とも空腹だということに気が付いた。自身らの置かれた状況に追いつくのが精一杯で、そういえば、昼からなにも口にしていない。しばらく進み、電気の点いているコンビニを見つける。まさか営業はしていないだろうと思ったが、目を凝らすと店内が人であふれている。流石のコンビニエンスである。そこの駐車場に車の止めることの出来なかった私達は隣のカラオケ店の駐車場に車を停めコンビにへ入った。

Я 「すげー人・・・」

Y 「だね・・・」

 店内にはもう数十人という単位の人達がいた。そこも驚きどころだが、さらに私が驚愕したの商品棚の空き具合だ。商品がガラガラな店内は一見して異様だと感じた。皆ここを頼って来ているのだろう。すでに本震発生から3時間ほどが経過していたので、さすがにおにぎりや弁当などはなく、パンもほとんど残っていない。私達は多少の菓子と飲み物を購入した。今のうちにもっと買い貯めた方が得策なのかもしれないが、あまり菓子などを食べる気分でもなかった。私達はレジの行列に並ぶ。二つあるレジではバイトっぽいおばちゃんとにーちゃんが懸命に客をさばいているが、一向に客は減らないようだった。それもそうだ、もしかしたらこの付近の住人達全員が来るかもしれないのだ。そのおばちゃん達はいつからレジに立っていたのだろうか。余震も続いているというのにこうして私達のようにこの店を頼ってくる人達のためにレジを叩き続けているのだ。

Я (大変だな・・・)

 と思いながら順番待ちをしていると、やがて私達の番になった。その時・・・

? 「すいません!遅れました!」

? 「お疲れ様です!」

 何人かの人が店内に入ってきた。

? 「何か出来る事ありますか?」

 先頭にいた初老の男性はそう言うと、おばちゃんの返事も聞かカウンターの内側へとまわった。一緒に来た連中も同様だ。

? 「いらっしゃいませー」

 彼等はどうやらこの店の店員らしい。手早くおばちゃんのサポートに入り私の買った物をビニール袋へ詰めていく。

Я (この人にも家があって、家族がいるはずなのに・・・)

 彼等は制服も着ずに来た格好のままレジで働いている。正直ただのバイトだろう。この時間はシフトでなかったかもしれない。いや、もし担当の時間であったとしても、来れなくて誰が責めるだろうか。なのに彼等は働いている。

Y 「う・・・」

Я 「ん?・・・どした?」

Y 「感動じだ・・・うぅ・・・」

 彼女は涙もろかった。しかし、ぐっと来るシーンだったのは間違いない。我々は普段絶対に言わないお礼を丁重にレジの人達にして、店を後にした。


続く・・・
スポンサーサイト
揺れる犬② ~暗闇~
 寺泊のコンビニにて私達は地震にびびっていた。落ち着くため、飲み物を買い、それに口をつけようとしたその時、彼女(Y)のケータイが鳴った。

Y 「もしもし・・え?・・はい・・はい・・・大丈夫です・・・はい・・・わかりました。ありがとうございます」

Я 「どした?」

Y 「会社の上司。今、結構大変なことになってるから、長岡に帰んない方がいいって」

Я 「え?どういうこと?」

 彼女は答えた。

Y 「なんか中越の方でおっきい地震があったんだって

 私はそれを聞いたとき、特にリアクションをしなかったのを憶えている。意外にも2人とも落ち着いていた。大きい地震といっても先程のもの程度だろう。そう考えたのだ。時間は6時を少し過ぎた頃である。どんな様子か私達は長岡にいる友人達に連絡をとろうと試みた。しかし・・・

Я 「どう?」

Y 「だめ。ぜんぜん繋がんない」

 2人の携帯は友人達に繋がることはなかった。さて、どうするかと考えているとYの携帯が再び鳴った。

Y 「もしもし、え?・・・いや・・・うん・・・うん・・・わかった・・うん・・それじゃ」

 どうやら県外の親かららしい。私は彼女に尋ねた。

Я 「なんだって?」

Y 「なんか、テレビとかですっごい報道されてるってさ」

 なんと、事は我々が考えていたよりも重大であったようだ。しかし、帰るなと言われたら帰ってみたくなるのが心情だろう。

Я 「どーする?」(←帰る気満々)

Y 「えぇ~?どーしよっか?」

Я 「なんか家とか心配だし気をつけて帰ってみない?」(←とりあえず理由付け)

Y 「でも、危ないって言ってたし・・・」

Я 「俺運転するしさ」(←犠牲的精神をアピール

Y 「う~ん・・・」

Я 「大丈夫だって」(←すでに根拠なし

 そして、上のようなやり取りの後、家に帰ることなった。その時も我々は相変わらず楽観的で、さほど危機感というものは持っていなかった。

・・・
・・


 30分ほど走っただろうか。今度は私の携帯が鳴った。珍しく親父の携帯からだ。

Я 「もしもし」

父 「やっと繋がった。おまえ大丈夫か?」

Я 「平気。長岡にいなかったし」

父 「そうか。母さんから連絡があってな。お前に電話が繋がらないから、そっちからも電話してみてくれって」

Я 「そっか。でもとりあえず大丈夫」

父 「でも長岡の方は停電してみてるみたいだから気をつけろよ」

Я 「あいよー」

 私はそう言って電話を切った。長岡まではもう少しある。

Я 「なんか長岡は停電してるってさ」

Y 「えー!やばいじゃん」

Я 「大丈夫でしょ」

Y 「だって、もう暗くなってくるよー」

Я 「別に信号とかが消える訳じゃないじゃん?信号とかの電気とかって止まらない(と思う)し」(←断言)

 さらに、

Я 「ほら、新潟とかの道路って降雪に備えて強く出来てる(と思う)し」(←得意げ)

 などと自身の教養と危険地帯(?)へ乗り込むという背徳感に酔いながら長岡へ向かった。

Я (さて、そろそろ長岡だよな・・・しかし、暗い道だな。田んぼ道だからしょうがな・・・)

 私は違和感の正体に気付いた。

Я (いや、違う・・・信号が点いてない!?)

 そう、信号が消えているのだ。前の車がやけに減速しながら走っているというのには気付いていた。それは、普段信号によって整理されていた交差点で左右を確認していたためだったのだ。

Я (なんてこった・・・さっき自信満々で大丈夫って言ったのに・・・)

 私は平静を保ちつつ、慎重に車を走らせる。そして、ある所で前の車たちは減速し蛇行・・・というより何かを避けていた。私もつられて減速する。ちなみにそこに信号機はない。

Я (ん?・・・わっ!?道路が陥没してる!?)

 そこにはひび割れたアスファルトとものすごい段差があった。車のライトがあったとはいえ、暗い夜道で車に乗ったままでも分かるほどの段差・・・

Я (なんてこった・・・さっき自信満々で大丈夫って言ったのに・・・)

 その時、私は地震が大規模であるということは分かったが、自分の発言の未熟さを悔いており、地震事自体の事は考えていなかった・・・

もう長岡は目の前だった。そこで私達を待ち受けていたものは・・・

続く・・・
揺れる犬① ~序章~
去年の事だ。

 その日、私と相方(Y)は新潟市の某水族館へ行った。多少肌寒かったが、私にとっては数年振りの水族館であり、なかなか楽しめた。イルカショーでは一般客がイルカと触れ合えるという企画をしていて、Yが「私も行っていい?」という目線を私に投げかけていたが、シカトした年齢の低い子達に譲ってあげろと言ってなだめるなどという微笑ましい光景もあった。

 さあ、という訳で家へ帰ろう。ここからだったら2時間程度か。私は車を走らせた。その途中、寺泊あたりで私は妙な感覚に襲われた。

Я (ん?車がフラフラする・・・パンクか?)

 そう思ったものの、すぐに車はもとの挙動を示した。

Я (あれ?直った・・・でも、なんか不安だ・・・)

 私はYに言った。

Я 「ちょっとコンビニ寄らない?」

Y 「いーよ」

 私は車をコンビニに止めとりあえずタイヤを見てみるが、変わった所は無かった。そして・・・

ガタガタガタ・・・

Я (わ、地震だ・・・)

 ふとYの方を見ると微動だにせず(固まって)、立ち尽くしていた。揺れは数秒だったのだろうが、私達には長く感じられた。

Я (結構大きかったな・・・)

 そう思ってつかの間の数分後、また大きい揺れが。私とYはやはり咄嗟には動けず、またもや立ち尽くすのみであった。

Y 「なんか怖いね(汗)」

Я 「うん・・・」

 その時は「なんとなく怖い」と思っていただけであった。しかし、その後Yにかかってきた電話が私達に衝撃の真実を告げる。

続く・・・
copyright © 2005 逃犬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。